ジッテプラスの副作用で知るべき3つの事

MENU

ジッテプラスの副作用で知るべき3つの事

Jitte+(ジッテプラス)の副作用に関して知っておきたい事をお伝えします。


副作用の前に!

まず、ジッテプラスの副作用について考える前に、化粧品の種類について下記の3つを知っておく必要があります。

 

化粧品の分類

化粧品

肌を美化したり、清潔、健やかに保つ目的で使われます。有効成分は含まれず、人体に対する作用は緩やかです。

 

医薬部外品(薬用化粧品)

承認された有効成分が規定量含まれており、化粧品と医薬品の中間的な存在です。

 

医薬品

主に治療目的で使用される薬です。

 

副作用の危険性があるのは?

以上で、副作用の危険性があるのは「医薬品」です。治療目的で使われるため、作用が強いものもあり、その分、副作用も起こりやすくなります。

 

医薬部外品の場合、有効成分を使うには厚生労働省の承認が必要で、規定量もしっかりと定められているため、安全性は確保されています。

ジッテプラスの副作用は?

ジッテプラスは、医薬部外品(薬用化粧品)に分類されるため副作用の危険性は低いです。

 

グリチルリチン酸2Kについて

ジッテプラスの有効成分に「グリチルリチン酸2K」が含まれています。グリチルリチン酸2Kは抗炎症成分で、1日の摂取量が40mgを超えると「偽アルドステロン症」になる可能性があると言われています。

 

しかし、ジッテプラスの場合、規定の安全量で配合されているため、通常利用で副作用の心配をする必要はありません。

 

5つの無添加

また、ジッテプラスはパラベン、アルコール、着色料、合成香料、鉱物油の添加物は無添加なので肌に優しく、敏感肌の方でもお使いいただけます。

 

ただし、全ての化粧品に言えることですが、肌に合わない場合は肌荒れなどを起こす場合があります。異常が見られた場合は、すぐに洗い流し、使用をやめましょう。

まとめ

Jitte+(ジッテプラス)は厚生労働省から認められた有効成分を含み、安全性は高いと言えます。ジッテプラスの副作用が気になっていた方は参考にしてみてください。

 

公式限定!初回980円キャンペーン中!

Jitte+(ジッテプラス)の公式サイトはこちら

 

 

 

TOPページ:【注意】ジッテプラスを市販で探す前に!