背中ニキビとマラセチア毛包炎の違いは?

MENU

背中ニキビとマラセチア毛包炎の違いは?

背中ニキビとマラセチア毛包炎の違いはなんなのでしょうか?毛嚢炎や水虫との関係についても解説します。


マラセチア毛包炎とは

マラセチア毛包炎とは、マラセチア菌というカビ(真菌)の一種が引き起こす肌の病気です。別名、癜風菌(でんぷうきん)とも呼ばれ、人の肌に存在する常在菌の一つです。マラセチア菌は、脂漏性皮膚炎やアトピーなどの原因にもなると言われています。

 

背中ニキビとの違い

通常、ニキビはアクネ菌の増殖によって起こります。つまり、背中ニキビとマラセチア毛包炎の違いは、アクネ菌かマラセチア菌かの違いです。

 

マラセチア菌が増える原因は?

マラセチア菌は、汗や皮脂などの汚れが原因で繁殖する場合が多いです。特に夏場は高温多湿になり、マラセチア菌が繁殖しやすい環境になります。毎日お風呂に入ったり、通気性の良い服を着るなど清潔に保つことが大切です。

 

毛嚢炎とは

毛包炎と名前が似ている毛嚢炎(もうのうえん)があります。丘疹(きゅうしん)と呼ばれるニキビのようなブツブツになり、膿疱(ほうのう)という膿ができることもあります。カミソリや毛抜きなどで毛穴が傷つくと発生しやすく、黄色ブドウ球菌の繁殖が主な原因です。

水虫薬は効く?

水虫もカビ(真菌)の一種である白癬菌(はくせんきん)が原因です。そのため、水虫薬がマラセチア毛包炎に効く?と思われるかもしれませんが、基本的には推奨しません。なぜなら、素人判断で間違った使い方をすると肌トラブルなどを引き起こす原因になるからです。皮膚科などクリニックに行けば、専用の薬が処方されますので、医師に相談しましょう。

まとめ

背中ニキビとマラセチア毛包炎について解説しました。マラセチア毛包炎が疑われる場合は、皮膚科で相談してみましょう。背中ニキビの場合は、普段から清潔に保ち、保湿などのセルフケアが大切です。

 

背中ニキビの保湿ケアにはコレ!

保湿ケアには、背中ニキビ専用ジェルクリームのジッテプラスがおすすめです。

 

 

ジッテプラスは独自成分の「アクシア-トリプルヒアルロン酸」により高い保湿力が特長で、抗炎症作用の「グリチルリチン酸2K」も含まれています。保湿で肌を正常化しながら炎症も抑えられるので背中ニキビの改善に効果が期待できます。もちろん、パラベン、アルコール、着色料、合成香料、鉱物油は無添加なので敏感肌の方でもOKです。

 

口コミなどの詳細は、ジッテプラスは効果なし?口コミを調査!からご覧いただけます。

 

公式限定!初回980円キャンペーン中!

Jitte+(ジッテプラス)の公式サイトはこちら

 

 

 

TOPページ:【注意】ジッテプラスを市販で探す前に!