ジッテプラスはニキビ跡にも使える?

MENU

ジッテプラスはニキビ跡にも使える?

Jitte+(ジッテプラス)はニキビ跡にも使えるのでしょうか?ニキビ跡の種類と原因、ジッテプラスの効果を見ていきましょう。


ニキビを放置するとこんな状態に!

ニキビができた後、放っておくとニキビ跡など想像以上に悪化する場合があります。

 

その状態は、主に4つの種類があります。

 

赤くなるタイプ

炎症を起こし赤くなっている状態

 

茶色(紫色)になるタイプ

メラニンによって色素沈着している状態

 

クレータータイプ

肌の奥がダメージによってクレーター状になっている状態

 

ケロイド状になるタイプ

過剰にコラーゲン繊維が作られケロイド状になっている状態

ニキビ跡の原因は?

ニキビ跡の原因は、主に肌内部の深いところにできたダメージやメラニンです。ニキビが治ったと思っても、肌の奥では症状が続いている場合があり、この状態で刺激を受けると知らないうちに悪化することがあります。

 

また、紫外線も色素沈着の原因になり、シミや黒ずみとして残る場合があります。

 

ニキビ跡を残さないためには、肌の生まれ変わりサイクルであるターンオーバーを正常化させることが重要になります。

 

そのためには、ニキビの後もしっかりと保湿ケアすることが大切です。

ジッテプラスの保湿効果は?

ジッテプラスには、独自の保湿成分である「アクシア-トリプルヒアルロン酸」が含まれています。

 

アクシア-トリプルヒアルロン酸とは?

大きさの異なる3種類のヒアルロン酸と、浸透を助けるナノセラミドが配合された成分です。一般的なヒアルロン酸と比べて高い保湿力が特長です。

 

また、ジッテプラスには、保湿以外にも、美白、洗浄成分も含まれており、3つの相互作用によってニキビ跡に効果が期待できます。

 

つまり、ジッテプラスはニキビ跡に使ってもOKということになります。

まとめ

  • ニキビ跡には保湿が重要
  • ジッテプラスは高い保湿力が期待できる
  • 保湿以外にも美白、洗浄でサポート

 

以上、Jitte+(ジッテプラス)はニキビ跡にも使える?と気になっていた方は参考にしてみてくださいね。

 

公式限定!初回980円キャンペーン中!

Jitte+(ジッテプラス)の公式サイトはこちら

 

 

 

TOPページ:【注意】ジッテプラスの解約方法は買う前に要確認!

関連ページ

成分は?全成分はコレ!
Jitte+(ジッテプラス)の成分を全成分から調査しました。
使い方と塗り方の注意点
Jitte+(ジッテプラス)の使い方と塗り方の注意点をお伝えします。
副作用で知るべき3つの事
Jitte+(ジッテプラス)の副作用に関して知っておきたい事をお伝えします。
顔ニキビなど背中以外にも使える?
Jitte+(ジッテプラス)は顔ニキビなど背中以外にも使えるのか調べてみました。効果的な使い方も紹介します。
クレーターのニキビ跡に注意!
Jitte+(ジッテプラス)はクレーターのニキビ跡にも使えるのでしょうか?使う前の注意点をお伝えします。
男が使う前に!
Jitte+(ジッテプラス)は男でも使えるのでしょうか?男性と女性でニキビができる違いとジッテプラスの効果を見ていきましょう。